"

福島を「フクシマ」とカタカナで表現されることを福島県人は最も嫌う。日本を代表する農業県である福島県の農産物が、未だに放射能に汚染されているような誤解から風評被害を生む可能性があるからだ。実際には、厳しい検査を全数受けている福島県の農産物は近隣県のものより、むしろ安全である。それでも、福島県人も含めて、かなりの方々が福島県産の農産物を避けるのは、何万年も消滅することはないと言われる放射能汚染土壌の中で育った農産物に対して「未だ3年しか経っていないのに、どうして安全と言えるのか?」という純粋な疑問をもっているからであろう。

そうした疑問に丁寧にわかりやすく答えているのが、中西友子先生が書かれた「土壌汚染」という著作である。東大農学部で放射線照射によって農産物の品種改良に長年携わってこられた中西先生は、同僚の先生方を募って、震災直後から、福島第一原発による深刻な放射能汚染地域に入り、土壌や農作物、家畜の汚染の影響を時系列で調査されてきた。この作業に参加された先生方は、農学部だけにとどまらず理学部、工学部、医学部と多くの専門分野の先生方が手弁当で調査されてきた。しかも、将来のことを考慮して、若い学生は一切同行させず、年配の先生方だけで自ら測定されたと伺っている。

この「土壌汚染」という本を読んで、私は、本当に救われた思いがした。大震災以降、多くの被災地を定期的に訪れているが、三陸沿岸地帯の津波被災地と福島の放射能汚染地域の深刻さは質が全く違う。放射能は、目に見えないからこそ、一層大きな恐怖がつのる。そうした、恐怖に対して、この中西先生たちの調査結果は一筋の光を与えてくれる。結論から言えば、福島で安全な農産物や畜産物を生産することは、きちんとした知識を持てば全く問題ないと結論づけている。そして、そのことをわかりやすく解説してくれている。

"

275 「フクシマ」を救う中西友子先生 « 千秋日記 (via clione)

(via clione)

"ロシアの地元紙は、浅田の滑りから受けた感銘を隠さなかった。「スポーツ・ルー」の公式ブログで同紙記者が「私はサムライを見た。それはマオ・アサダだ。すでにSPで勝負の行方は分かっていたが、マオは他の女子には誰にもできない3回転半ジャンプに殉じて、ハラキリした」と振り返った。さらには「サムライにとってメダルが何だ! ハエだ! サムライにとって唯一の勲章は不朽の名声だ」と熱くつづっていた。"

「アサダはサムライ」ロシア地元紙も感銘 - フィギュア - ソチ五輪2014 : nikkansports.com

メダルはハエだwww

(via mitaimon)

(via tamejirou)

"

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

"

275 「フクシマ」を救う中西友子先生 « 千秋日記 (via clione)

(via clione)

"

ただ、例外が二つある。一つはキノコで、なぜかキノコだけは、一般的な植物と異なり、むしろ積極的にセシウムを吸収するのだという。従って、汚染地域で露地栽培のキノコはアウトである。最近、九州地域での露地栽培の椎茸が放射能汚染の基準値を超えていたことが話題になった。中西先生は、これには二つの原因があると言う。九州地域は、福島原発事故による放射能汚染の影響は殆ど受けていない。九州地域の土壌の放射能汚染は、戦後のソ連と中国の核実験によってもたらされたものである。キノコは、これを吸収したものと思われる。もう一つの原因は、福島原発事故後に定められた放射能汚染基準が厳しすぎるということである。私たちは、既に、何十年間も核実験によって汚染されたキノコを食べて育ってきたが、別段、なんの影響も受けていない。

もう一つの例外はイノシシである。イノシシは土の中の虫やミミズを食べる際に土を一緒に口の中に入れる。先述のように、セシウムは土壌と密着して離れないので、イノシシの胃袋の中にはセシウムが沢山入ることになる。チェルノブイリ事故によって深刻な放射能汚染地域(ホットスポット)となった南ドイツのミュンヘンでは、「キノコとイノシシは食べるな。それ以外は、大丈夫。」という大変分かりやすい言い伝えがある。

こうした研究を踏まえて、中西先生は、極めて安価で効果のある除染方法を提案する。除染対象の土地の脇に深さ50cmの側溝を掘って、厚さ2−3cmの表土を側溝に埋めてしまえば、それだけでかなり完璧な除染になるという。私たちが、こうした正しい知識を持てば、今回の福島原発事故による深刻な放射能汚染に対しても、決して絶望することはない。と中西先生は仰っている。

"

275 「フクシマ」を救う中西友子先生 « 千秋日記 (via clione)

(via clione)

"

ただ、例外が二つある。一つはキノコで、なぜかキノコだけは、一般的な植物と異なり、むしろ積極的にセシウムを吸収するのだという。従って、汚染地域で露地栽培のキノコはアウトである。最近、九州地域での露地栽培の椎茸が放射能汚染の基準値を超えていたことが話題になった。中西先生は、これには二つの原因があると言う。九州地域は、福島原発事故による放射能汚染の影響は殆ど受けていない。九州地域の土壌の放射能汚染は、戦後のソ連と中国の核実験によってもたらされたものである。キノコは、これを吸収したものと思われる。もう一つの原因は、福島原発事故後に定められた放射能汚染基準が厳しすぎるということである。私たちは、既に、何十年間も核実験によって汚染されたキノコを食べて育ってきたが、別段、なんの影響も受けていない。

もう一つの例外はイノシシである。イノシシは土の中の虫やミミズを食べる際に土を一緒に口の中に入れる。先述のように、セシウムは土壌と密着して離れないので、イノシシの胃袋の中にはセシウムが沢山入ることになる。チェルノブイリ事故によって深刻な放射能汚染地域(ホットスポット)となった南ドイツのミュンヘンでは、「キノコとイノシシは食べるな。それ以外は、大丈夫。」という大変分かりやすい言い伝えがある。

こうした研究を踏まえて、中西先生は、極めて安価で効果のある除染方法を提案する。除染対象の土地の脇に深さ50cmの側溝を掘って、厚さ2−3cmの表土を側溝に埋めてしまえば、それだけでかなり完璧な除染になるという。私たちが、こうした正しい知識を持てば、今回の福島原発事故による深刻な放射能汚染に対しても、決して絶望することはない。と中西先生は仰っている。

"

275 「フクシマ」を救う中西友子先生 « 千秋日記 (via clione)

(via clione)

"

・・・女性の雇用に関しても、盛んに語られるのは東京でエグゼクティブとしてバリバリ働く女性のイメージだが、東京にある一流企業で、コーポレートエグゼクティブとして働く女性が増えても、それは日本の女性人口のうちの0.1%にも満たない。99.9%の女性の人生にとって、ほとんど関係がないグローバル経済圏からローカル経済圏へのトリクルダウンが起こらないように、エグゼクティブな女性が増えてもローカル経済圏の女性の労働環境が変わるわけではないのだ。・・・

そんなことよりも、女性の就労参加のリアリティは、普通の職場で子育てをしながら女性が働きやすくなることだ。そのうえで、夫と二人でおおむね800万円程度の世帯収入があり、無理なく子供が育てられる状況をつくってあげる方が、はるかに有効だ。・・・

"

ローカル経済はジョブ型か?: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)

(via clione)

clione:

その中のこのマンガがなかなかよくできていて、ジョブ型とメンバーシップ型の本質をよく表しています。 (via よくわかるジョブ型とメンバーシップ型: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳))

clione:

その中のこのマンガがなかなかよくできていて、ジョブ型とメンバーシップ型の本質をよく表しています。 (via よくわかるジョブ型とメンバーシップ型: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳))

twinleaves:

そうだ!路肩を車線にしよう 増設実験で渋滞214→18回に激減 愛知から全国都市部へ拡大 国交省
"

 さて、OSI資本である上海福喜食品ですが、問題になっているテレビ番組の映像は、以上の前提から見ると、ちょっと受け容れがたいものです。「受け容れがたい」というのは「許せない」という意味ではなく、「業として常日頃行われていることとは考えにくい映像だ」ということです。

 まず、消費期限切れの食肉在庫があるということがわからない。OSIグループの中でこのようなものが発生することは、むしろ難しいことでしょう。なぜなら、日々大河のように食肉が流通している中で流れない在庫があるというのはそれだけでムダです。こういうものを発生させないところに、彼らの物量の力と管理ノウハウがあるはずです。

 では、どこかのうまく行っていない他社のものを買い叩いて持ち込んだのか? その場合、仮に消費期限内のものだとしても、スペック通りの製品ができないのは明らかです。そのようなものを作らせる発想が、そもそも親会社にはないはずですし、OSIグループに認められた役員が指示することも考えにくい。不正がバレればクビですし、その不正をあぶり出す仕組みは品質管理マネジメントの中で持っているはずだからです。それをごまかすには相当な手間が必要でしょう。そのブラックな努力は、多少の賄賂であがなわれるようなものではないでしょう。

 もう一つ理解できないのが、ミキサーや作業台から材料や製品がこぼれる映像です。工程でこのようなミスが起こることはまず真っ先につぶされているはずです。単純な話、こぼれたものを拾ってラインに戻す動作というのは不潔、危険であるだけでなく非常にムダです。そういうことが起こらないよう、そもそもこぼれないように、モノがラインから外れないように、工場は作られるものです。努力の方向が全く違う。

 また、あの映像には、そもそも人間の手による作業や持って歩く作業が、新しい仕組みを持つ工場としては多いとも感じました。

 こうした感想、映像から感じる違和感は、私が感じただけでなく、国内外のさまざまな工場を見ているバイヤーやコンサルタントからも聞かれました。状況から考えると、工場の操業に恒常的な問題、組織ぐるみの問題があったと、この映像だけで断定するのには躊躇してしまうということです。

"

OSIグループ・上海福喜食品の不可解なビデオについて | Food Watch Japan (via rajendra)

(via rajendra)

"「指きりげんまん嘘ついたら家事全般任す」の語呂の良さが最高にエクセレント"

Twitter / _chi69 (via tryme12)

(via budda)

"手話で600語以上の単語を習得した
ココというゴリラが研究者のムーリンと
「死」について会話した内容は
次のとおりです

ムー:念を押しますよ、
   このゴリラは生きているの、
   それとも死んでいる?
ココ:死んでいる さようなら。
ムー:ゴリラは死ぬとき、どう感じるかしら?
   --しあわせ、かなしい、それとも怖い?
ココ:眠る。
ムー:ゴリラは死ぬと、どこにいくの?
ココ:苦労のない 穴に さようなら。
ムー:いつゴリラは死ぬの?
ココ:年とり 病気で。

どうですか
僕はこの部分を読んだとき
身震いしたのを覚えています

人間と同じじゃないか と

ちなみに手話の素は英語です
「苦労のない 穴に さようなら。」
の原文は
“Comfortable hole bye.”
となっているようです

良い言葉ですね
「苦労のない 穴に さようなら。」

いずれは僕も
「眠る」 そして
「苦労のない 穴に さようなら。」
といきたいものです
"

ゴリラの死生観 | coach-bali (via rairaiken424)

このゴリラのココに、「2人いる飼育員のうちどちらが好きか」を訊いたら「それは悪い質問。答えられない」と返したというエピソードが好き

(via highlandvalley)

(Source: tkr, via budda)

"鑿といえば、刃物界の王者と言われた、千代鶴(ちよづる)の初代・千代鶴是秀(これひで)のエピソードは感動的だ。
明治時代に大阪に「江戸熊(えどくま)」と呼ばれて、関西一円に名をとどろかせた名人の大工棟梁がいた。
彼は出身が江戸だったので大阪でそう呼ばれていたのだが、当時、天下一の刃物職人と言われていた千代鶴是秀に鑿一式の製作を手紙で依頼した。
数ヶ月して、千代鶴是秀は製作した鑿一式を風呂敷に包み、汽車を乗り継いで江戸熊の家に納品に来た。
是秀は静かに風呂敷を広げ、江戸熊に鑿を見せた。
江戸熊はそれらを丹念にあらためながら、秀逸な出来に感動した。
江戸熊は「いくらですか?」と値段を尋ねた。
当時、鑿一式の平均的な価格が約三円の時代だ。
今でいう三万円ぐらいか。
是秀はその時、小さな声で「百円です」と答えたという。
江戸熊は表情も変えず、女房にお金を持って来るように指示し、耳を揃えて支払った。
その後、ささやかな酒宴が設けられ、二人の名工は次第に打ち解けていった。
江戸熊は「実は・・・」と言って、鑿の代金を用立てるための質札を是秀に見せた。
是秀はこれを見て表情も変えず、自分の懐から質札を出して江戸熊に見せた。
「実は、汽車賃を作るために質屋に行きました。」
質札を出し合った二人は、一瞬の沈黙の後、大笑いをしたという。
名工と呼ばれた職人ですら貧乏な時代だった。
貧乏だったが、当時の職人達の仕事に対する情熱とプライド、こだわりと精進は想像を絶するものだった。
日本人の心の縮図が垣間見れるエピソードであるが、お金がすべての現代では、意味すらも理解できないエピソードだろう。"

「逸品逸話」シリーズ | 猪原金物店・コラム (via petapeta)

(via sytoh)

yukiminagawa:

bgnori:

https://twitter.com/lethal_notion/status/493889216623812609 これです、これ。「民間警備会社」って書いたけど、これ。 @trmgw: 辺野古では~米軍を日本の警察が守り、日本の警察をアルソックの警備員が守っている http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1406548684/ … pic.twitter.com/ADbBzERINJ
 なんかシュール. どうしてこうなった.

工事受注業者が民間警備会社に工事現場警備を発注。 ↓警備員だけで現場を管理できない状況なので、警察の出動を要請。 ↓警察は現場に出場したが、警備主体はあくまで民間警備会社であるため後詰に回る。 ↓警備員が活動家に押しやられて、後詰の警官隊の位置まで後退。 ↓『米軍を警察が守り、その警察を警備員が守ってる!www』
※状況がより悪化して警備会社による対応が不可能(暴動)と判断されない限り、警察官は民事である工事現場警備には直接対応できない。

yukiminagawa:

bgnori:

https://twitter.com/lethal_notion/status/493889216623812609
これです、これ。「民間警備会社」って書いたけど、これ。 @trmgw: 辺野古では~米軍を日本の警察が守り、日本の警察をアルソックの警備員が守っている http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1406548684/ … pic.twitter.com/ADbBzERINJ


なんかシュール. どうしてこうなった.

工事受注業者が民間警備会社に工事現場警備を発注。
 ↓
警備員だけで現場を管理できない状況なので、警察の出動を要請。
 ↓
警察は現場に出場したが、警備主体はあくまで民間警備会社であるため後詰に回る。
 ↓
警備員が活動家に押しやられて、後詰の警官隊の位置まで後退。
 ↓
『米軍を警察が守り、その警察を警備員が守ってる!www』

※状況がより悪化して警備会社による対応が不可能(暴動)と判断されない限り、警察官は民事である工事現場警備には直接対応できない。

(via sytoh)

"有給休暇申請書の「休暇理由」という欄に「有給休暇」と書いたら総務課から「休暇の理由をもう少し具体的に」と言われたので「年間25日ある有給休暇の1回目」と書いて叩き返した。"

Twitter / 62ozon (via satoruuuuu21)

(via sytoh)

el-j-clipping:


非常にわかりやすい「親族の呼び方」をまとめた1枚の図表 - feely